Regardless of the reason, Japanese Public TV Producer who say horrible things to actress are the worst!

Posted, 2018-03-05 Via WN Article 

Hiroko Konishi She won the role of the protagonist in the popular May 1998 Japanese Public Broadcasting NHK child education TV program Ojarumaru with her unique original her voice, which fit the image of the main character. Following this, she discovered the Production company of a subsidiary producer to be involved in certain illicit activities and brought it to the attention to the studio, who attempted to conceal the issue and attacked her with threats to end her career. This then essentially cost her work opportunities. Hiroko decided to fly to Ireland where she continued to deal with this loss. Today she is still recognized for her incredible acting talent and has garnered respect and support of key buisiness figures as well as many British and American and Japanese colleagues.
上記は、私の友人たちが、かなり興味をもっていてくれている記事です。
ところで最近でも、私が企業法務でアドバイスをしている会社でも、下請け会社に対する金銭要求(肩代わり)等が発覚しました。そして、これは珍しいケースで、要求メールから、要求電話、原因等全て争いの無い事実として証拠を残すことが出来たケースです。企業に不利益が生じないよう、取締行政機関と相談の上動きを監視している状態です。

Author: 小西 寛子

小西寛子 声優・シンガーソングライター・社会評論。昭和50年、埼玉県生まれ。中央大学法学部卒。NHKおじゃる丸、逮捕しちゃうぞ、ドクタースランプ、浦安鉄筋家族、すごいよ!!マサルさん、デジタルモンスター他多数のアニメ、ゲームなどに主演や主要キャラクターとして多数出演、最近は執筆活動の他、法律知識を生かしたコメンテイターとしてTV番組にも出演。道徳、教育、幼少期からのエクゼクティブスキルを提唱。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。