小西寛子による漫画キャラクターの音声作成ビジネスモデル

小西寛子です。こんにちは

 ツイッターにも呟いたのですが【ビジネスモデル】について一言。
まあ,私が考えるビジネスモデルですから、お金と言うよりも法律
的な観点からプロの漫画家さんやクリエイター作家の仕事の保護と
言う観点が多いです(^_^)

 小西寛子としてのビジネスモデルは、今回、漫画家たなかじゅん
さんのナッちゃんとコラボでするように。アマゾンでもなんでも電
子ブック等あらゆる媒体・メディアの漫画にキャラクター独自のオ
リジナルボイスを作る事なのです。それは漫画を読み、独特の声が
脳内で再生され、頭から離れなくなれば、実音声が無くても脳内に
声が出てきて漫画を楽しめるということ。私はおじゃる丸でまった
りボイスというのをつくらせていただきましたが、数々のアニメ作
品の主役をやらせていただき、それぞれ独自の声を提供させていた
だきました。

 その経験をいかし、漫画によってはアニメ化されていないものが
ある。漫画家の先生が思い描いている世界を実現するのも役割で、
単なるアニメ声ではなくて、そのキャラクターの発する声をオリジ
ナルで作りだし各方面で利用することが、新しい著作ビジネスモデ
ルであると思います。

 当然、わたしの信条から「文化的貢献」がメインですから、そうい
った数々の声つくりに協力しつつ、日本のまんが、アニメ文化を守る
事を(権利を守る事)目標にしております。

 具体的には、声とオリジナル書き下ろしなどを用いて専用CMやプロ
モーションビデオ(カット絵)などを用いてつくり、FXやオリジナル
音楽、SE等を入れて声や音の出る漫画・アニメを製作する。賛同声優
等を起用し、著作隣接権の規定の範囲を有効に活用し、原作者が著作
権利用などに大きな苦労を受けず、営業等プロモーションに限ってお
よそ自由に利用できる体勢をめざします。

#小西寛子ビジネスモデル。

平成31年3月1日 小西寛子 オフィススクワレル合同会社

 近日作品を発表しますので、ご覧下さい。

Author: 小西 寛子

小西寛子 声優・シンガーソングライター・社会評論。昭和50年、埼玉県生まれ。中央大学法学部卒。NHKおじゃる丸、逮捕しちゃうぞ、ドクタースランプ、浦安鉄筋家族、すごいよ!!マサルさん、デジタルモンスター他多数のアニメ、ゲームなどに主演や主要キャラクターとして多数出演、最近は執筆活動の他、法律知識を生かしたコメンテイターとしてTV番組にも出演。道徳、教育、幼少期からのエクゼクティブスキルを提唱。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。