NOTICE(Sorry, This Article only Japanese)

(告知) Japanese Only

 日本放送協会(NHK)と弊社小西寛子の間に金銭問題があるかのような名誉を毀損する記述がネット上に多数みられます。

 しかしながら直接のそういった関係はなく,現在及び過去においても「NHK(渋谷SC)とおじゃる丸番組に関してセンターの職員への挨拶を含め一切の接触はしておりません。また,同センターへなにがしかの請求をした事実もありません。」

 理由としては,「おじゃる丸は田辺エージェンシー様がブッキングされた仕事であり,同社とNHKとの取引や権利関係を尊重し,小西寛子事務所とNHK間では口座締結を現在もしていません。また,そういった事実もありません。」

 このように,NHK職員等とは意見を交換するなどの機会を含め一切の交渉もなく,NHKと小西寛子の出演料支払い登録(契約)がないのも事実なので,「高額な出演料を要求して金銭交渉で干された」などの書き込みは名誉毀損記事であり全くの論外です。

 当然,マネージメント事務所として小西寛子から委任を受けておりますので,おじゃる丸関連で,LMA社の過去の記録や陳述等にあるとおり,①多数のキャラクターグッズ(おじゃる丸人形,子供用楽器,その他玩具グッズ)等において,小西寛子がアフレコ等の仕事をした覚えがない,②声優等として発注を受けていないなどの申告や確認が無いまま,別収録のような所から抜き出したものと思われる音声を使用して無断で,発売,若しくは制作されているものについて,小西が事務所に実態解明と調査を委任した。③番組等をNHKから発注されている制作会社に対し,物件を示し個別に事情の確認をした事実があり,その時のやり取りは,(*1)事務所「一応こういうものは,電話でも何でも良いので,制作する前にタレントにも報告していただかないと困る。無断で作る,そして黙っているのは問題です」との旨を制作会社の担当プロデューサー(当時)に申し出たところ,同人は「生意気ね,誰のお陰で(おじゃる丸)やらせていると思っているんだ,キー!?・・・生意気ね!そんなこと言うんであればあたしが下ろしてやる!(中略)仕事も干してやる!(ママ)」「覚悟しなさい!業界にいれなくしてやる!」等尋常でなくこれ以上は道徳的解決ができる様子がないのであきらめ,その後本件を遠藤弁護士事務所や警察,監督官庁等に相談しているうちに制作会社からスケジュールが来なくなるに至ったというのが事実です。

 NHKとおじゃる丸で直接の取引関係がないことについては,上記ノベルティ商品でも請求事実や関係にないこと,銀行等の記録や陳述,他NHK会計記録と併せればわかります。また,当然これらの対応が不祥事にあたると介され,子供番組を愛し,健全に業務を行う心身共にクリーンな小西寛子はNHKを庇っていたが,これまでの裁判等で明らかなとおり,残念ながらそれを利用する者がいたという事実になります。

 従って,小西寛子はこれまでに受けた名誉毀損書込みにあるような「高額なギャラ(出演料)を要求した」ことも一切ないと断言できます(本人もスタッフも含め誰とも会話していません)。

 また,上記の会話(*1)は,実際に「制作会社2人と小西側代理人1人の計3名」であり,小西の代理人が,「言うことをきかなければ干すなど,脅迫・強要を受けたこと」も過去,警察署の調書に供述されています。特に,誰も事実を知り得もしないのに(その場に同席していない)第三者が公言,言及しているものは,明らかな全て虚偽事実(嘘)になります。尚,小西がこれまでこういった事実を表明していないのは,各所に相談した経緯があること,当時の新聞が「円満に降板した」というような「事実でない内容を報道した」「いつか、誰かが、正しいところを照らしてくれるだろう」と信じ,これまでひたすら解決を待っていたからです。

 ところが,一方的な報道やインターネットによる虚偽の書き込みも多数拡散され,もはや修復困難になったこと。これまでの裁判等で,当時の陳述なども提出され,事実が明らかになってきたこと。現在もまた新たに掲示版等にみられる「確定された裁判所の判断の結果などを経ない社会的評価を下げる書き込み」等があり,やむを得ず一部につき公開させていただきました。これ以上しつこく業務妨害書き込みを繰り返すようであれば,法務省より2チャンネルなどに人権侵害の認定を受けていますので,やむを得ず書き込み者の特定をせざるを得なくなります。繰り返しお願いさせていただきますが,これ以上はやめていただきたく本人共々お願い申し上げます。尚,弊社関連会社は日本放送協会(NHK)とは経営計画の本質的な所で健全化に供し相互信頼関係の元に日々の業務を遂行しております。今後,双方これらに対する名誉信用を毀損する行為が発見されましたら,法に則して厳格な対応をさせていただきます。今後とも小西寛子を宜しくお願いいたします。

 

2016年7月4日 オフィススクワレル合同会社

コメントを残す