My 1972 Martin D-28 neck reset. part1

My 1972 Martin D-28 neck reset, crack repair, and bridge replacement start today. And quad 303 change RCA from DIN-plug.

1. Replacing neck at some point. Removing and re gluing after repairing cracks,and    removing neck.

d282

2. It is important “Martin neck repair point” to put the drill at an angle toward the D-  28 body.

d281

3. To avoid scratches on the guitar body, affix the masking tape. I bought was     surprised, this manufacturer is “KAMOI”. It is rare.This is the company that made “KAMOI HAITORI” to catch a fly (Japanese Traditional style).

d283

4.  See you…. (My 1972 Martin D-28 neck reset. Part 2)

大学へ進学して法律を勉強する前は、短大で建築とか勉強していたんですよ。実務とか行けば二級建築士に進んでたでしょうけれど・・・。私は木工が大好きで、アコースティックギターやエレキギターのリペアにも興味があり自分のギターは自分で直すんです。自分の以外にも10年前くらいからたまーにリペアはポツポツやったかな?お店のギターとかも頼まれて直したことあるんですよ。もちろん、お手伝い程度にですけどね。たまーにGoogle+なんかで写真載せていましたけれど、今回も、ネックを外して正しい高さに付け直しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください